化学技術科


学習内容
 座学
  
工業化学、化学工学、地球環境化学、情報技術基礎、
   材料製造技術、工業材料、

  


 実習内容
  工業基礎
   
@硫酸銅の製造・分析  A定性分析の基礎
     B情報基礎         Cテスターの製作と測定


  2年生の実習
  
 @有機合成の基礎    A定性分析
    B定量分析         C物理化学実験


  3年生の実習
   
@機器分析        A化学工学
    B有機合成        C計測制御


  3年生の課題研究
   
@水の分析        A工学実験
    B原子吸光        Cガスクロ・液クロ
    D有機合成


「工業化学」
化学の基礎、法則を学び化学の知識を身につける科目で、無機化学・有機化学を学ぶ科目です。

「化学工学」
化学工場で使用されている装置、機械の操作、および物質やエネルギーの収支について学ぶ科目

「地球環境化学」
環境保全の基礎や公害・環境問題、また最近よく耳にする地球温暖化の問題や、バイオマス発電など環境に関する広い範囲について学習する科目

「実習」
3年間にわたって化学工業に従事するために必要な基礎的実験・実習を行い、化学物質の製造やその性質、量の測定などを行います。

「課題研究」
テーマは今まで学んだ実習や専門科目の基礎をもとに生徒自らが課題を設定し、実験・調査・実習等を行う科目です。

その他に工業に関する基礎科目として、工業技術基礎、情報技術基礎、製図、などがあります。


新に導入予定の実習項目
 
プラント実習
 精留(メタノ−ルの連続蒸留)装置をコンピュ−タ制御にする。
 廃油(植物油)を化学処理し、ディ−ゼル代替燃料を造る。

リサイクル実習
 ペットボトルを粉砕・溶融して植木鉢や物入れ等を造る。

海水淡水化実習
 災害時に供給可能なように、海水の淡水化を行う。

材料実習
 ファインセラミックスや超伝導物質の製造やそれを使った材料試験を行う。